ラビット

夫婦とも国立大学生物医学研究者、次男が発達障害児(ADHD、境界知能)、すこしでも子供をサポートしたいため日々奮闘中。#発達障害児もつ親と繋がりたい、コメント大歓迎です。

サル痘から身を守る方法

 

1997年、コンゴ民主共和国で,サル痘患者の手の背面。
CDC / Brian WJ Mahy、BSc、MA、PhD、ScD、DSc

サル痘2022年5月、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、および中東での最近のサル痘の発生は、健康の専門家を困惑させ、より広い範囲での発生の懸念を引き落としいています。サル痘はアフリカの一部地域で散発的に感染が起きていた人獣共通感染症です。新型コロナウイルスのように簡単に感染が広がらないと専門が認識してるが、今回は感染経路が特定されていない患者が多く、WHOは20日緊急会合を開いて、アメリカ疾病予防管理センター、イギリスの国民健康サービスとともに以下の事項を推奨しています。

  1. 最近ウイルスと診断された人や感染した可能性のある人との接触は避けてください。

  2. 性的パートナーを変える場合は、コンドームを使用し、症状に観察してください。

  3. 症状ある人と密接に接触している場合は、フェイスマスクを着用してください。

  4. ウイルスを運ぶ可能性のある動物との接触は避けてください。特にサル、齧歯動物などの感染歴のある動物に近づかないでください。

  5. 特に感染した、または感染が疑われる動物や人間と接触した後は、手指消毒を行ってください。

  6. サル痘感染が確認または疑われる患者の世話をするときは、個人用保護具の着用してください。

  7. 充分に調理された肉のみを食べてください。

サル痘は表面や物質を介して伝染することもあるため、病気の人間や動物と接触した物質との接触を避けるのが一番です。

 

以上の事項は以下のリンクから:

Monkeypo

www.cdc.gov

www.who.int