ラビット

夫婦とも国立大学生物医学研究者、次男が発達障害児(ADHD、境界知能)、すこしでも子供をサポートしたいため日々奮闘中。#発達障害児もつ親と繋がりたい、コメント大歓迎です。

2022-05-27から1日間の記事一覧

サル痘から身を守る方法

1997年、コンゴ民主共和国で,サル痘患者の手の背面。CDC / Brian WJ Mahy、BSc、MA、PhD、ScD、DSc サル痘2022年5月、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、および中東での最近のサル痘の発生は、健康の専門家を困惑させ、より広い範囲での発生の懸念を引…