ラビット

夫婦とも国立大学生物医学研究者、次男が発達障害児(ADHD、境界知能)、すこしでも子供をサポートしたいため日々奮闘中。#発達障害児もつ親と繋がりたい、コメント大歓迎です。

レバレッジETFを知った上で投資してください。

こんにちは。ラビットです。

子供の教育費と老後の生活のために貯金と投資している人が多いと思います。私もその一人です。積み立てNISAとイデコを利用しています。開始してすぐ強い相場出会い、メンタルがもっと強くなりました。お金が増えてくるのが楽しくて、最初は毎日株価を見ていました。今年に入って分かったのが、いかに金融緩和政策が株価に影響を与えるのが投資しないとわからなかったです。株投資の平均リターンは5%なので、いかに去年の相場が異常なのが気づきました。

金曜日のじっちゃまのセミナーを聞いて、気付くことがありましたので、メモとして残したくブログにしました。じっちゃまはレバレッジETFのチャートを見てくださいと言われましたので、自分でQLDのチャートをヤフーファイナンスで見てみました。QLDは2006年で開始したレバレッジETFで、NASDAQ100に対して値動き2倍の商品になります。日本ではiFreeレバレッジNASDAQ100という投資信託商品と同じものです。楽天証券も同じくレバレッジNASDAQ100投資信託商品があります。管理費それぞれ以下です:

QLD:0.95% (設定日2006年)

iFreeレバレッジNASDAQ100: 0.99% (設定日2018/10/19)

楽天レバレッジNASDAQ100: 0.77% (設定日2021/11/17)

私も楽天レバナス少しだけ積み立てしています。

では下のチャートを見てください。

2006年設定してから全期間だったら確かにすごく上がっているのが一目瞭然です。これを見たら、たぶん誰もやばい、買わなきゃと自然に思うのが人間です。

 

アメリカ株は2013年から今まで上がってきました、調子がとってもいいです。しかし、下のチャートをみてください。これが2006年から2013年までのデータです。注意深く見ていると、2008年から2013年の間はずっとパフォーマンスが悪かったです。今年に入ってから、NASDAQ100はすでに弱相場に入っており、しばらくではなくて、何年の間もパフォーマンスが悪かったら耐えられるか?と自問自答してください。

 

 

最後に、あくまでも少しのお金でレバレッジETFに投資してください。人生何かあるのがわからないので、全財産をなくすより、自分の欲望を抑えて時間に投資した方がリターンが高くなるのは歴史の賢人の知恵を守りましょう。